忍者ブログ
隠れた「神」の存在01
 ある一人の傭兵は洋風のレストランの外にいた。
 平和なその場とは違う雰囲気で、通り過ぎる人々は怪しい瞳でその傭兵を見ていた。
 傭兵がじっと見つめていたのは…一人の娘。

 ふと、傭兵はニヤリと笑みをした。


― ― ― ― ― ―


 カイルとラピスはイワンとネネとは違うテーブルで食事をしていた。
「にしても」
「ん?」
「貴方はいつまでここに滞在する予定なんですか」
「さあ。ただ、彼女のことが気になってな」
「… …? 彼女とはネネという子のことですか?」
 ふとラピスはネネを見てみる。
 彼女らも楽しく食事をしていた。
「恐らく私が書いた「本」の持ち主だろうな。でもそれ以上に気になるのは…」
「気になるのは?」
「…彼女から懐かしい匂いがする事…か」
 本気な顔でカイルは言ったのがまずかったのか、ラピスは怪しい目でカイルを見つめた。
「いや…そういう意味じゃ…」
「全く。 だから、サン様にいつも怒られるんですよ。 貴方ももっと学習してください!!」
 キレつつも魚のムニエルにぐっさりと突き刺さったフォークが今の彼の怒りの程度がどれぐらいか分かる。
「分かった。 分かってるって」
 なんとかラピスの逆鱗を抑えたカイルはふと考えた。
「…ラピス」
「なんですか」
 恐らく自分が察知している気配は違うと願い、恐る恐るラピスに言ってみた。

「…この星には本当に「星の民」は存在しないのか?」

PR

2008/01/02 16:16 | Comments(0) | 未選択

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<隠れた「神」の存在02 | HOME | 冥の章・後編>>
忍者ブログ[PR]