忍者ブログ
プロローグ


僕は彼女と共に、近くの公園へと散歩がてら来ていた。
そして、彼女にこう言ってみた。

「君は、図書館に篭っていて人生終わるのかい?」
「ええ、それが私の人生だから」
「君は、人生の全てを棒に振るってるよ?」
「ええ、それが性なのだから」
「君は…」
僕は、彼女の方へと真剣に見つめてみた。
「君は、それでいいのかい? そんな生活で楽しいのかい?」

僕は見ていられなかった。

だって彼女は…―

「毎日楽しくないわ。でも、それでいいの。だって、私は…」

彼女は「読書士」というある種の魔女なのだから。

「本を読むのを止めることができないから」

そう言い、彼女は微笑んで公園を去っていった。







彼女のことを取材してからは、僕はいてもたってもいられなくなった。
それほど、彼女は不思議で自分なりの意思をもっていたし、なによりもそれぐらい魅力があった。
たまにはお茶をとこちらから勧めると図書館で篭るのをやめて、出てくるのだが。

ああ、と僕は彼女が去っていった道路を見て溜息をついた。

「はてさて。いつになったら彼女にプロポーズできるのか」

例え、いまのままでプロポーズなどしても、断られるのは99%だが。

PR

2007/04/11 00:06 | Comments(0) | TrackBack(0) | 未選択

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<不思議な本。 | HOME |
忍者ブログ[PR]